素材で選ぶパーティードレスは優雅さが大切

普段生活している中で、パーティードレスを着る機会というのは友人の結婚式が一番多いのではないのでしょう。結婚式では新婦が主役ですが、せっかくドレスという非日常的な装いをするからには自分に似合うもので、自分の魅力を引き出せるもの選びたいと思います。ドレスに関わらず、洋服にはTPOが重要になってきます。それと、きちんと着こなすことが大切です。見た目はとても素敵なドレスでも、着てみたら自分に似合ってないなんてことになったら、せっかくのドレスも台無しになってしまいます。自分に似合うパーティードレスを見つけていきましょう。それにはいくつかのコツがあります。まずは自分の顔を鏡で見て、顔色を確認しましょう。暖色系か寒色系かで似合うドレスの色だけでなく形も変わってくるからです。

パーソナルカラーを見極め、似合うパーティードレスを見つけよう

自分の肌の色が暖色系か寒色系かがわかったら、その肌に合わせてパーティードレスを選んでいきます。肌が暖色系の人は、淡いピンクやオレンジ、黄色などのキュートな色が似合います。ドレスの形もAラインなどのふんわりとした形が似合います。フリルやレース、ビジューやパールの付いた可愛らしいものを選ぶといいでしょう。ドレスがノースリーブや肩が出るものであれば、丈の短いボレロが似合います。肌が寒色系の人は、淡い色を着ると顔がぼやけてしまいますので、青や黒、赤やロイヤルブルーなどといったハッキリした色を選びましょう。ドレスの形はスッキリとしたシンプルなものや襟元がスッキリしたもの、光沢感のあるクールな質感のものが似合います。肩がでるものをチョイスした場合、透け感のあるストールなどが似合います。

マナーを知ることが似合うパーティードレスを見つけるコツです

パーティードレスを選ぶ際に一番重要なのは、スカートの丈と露出し過ぎないことです。パーティードレスは大体のものがワンピースですが、もし、結婚式に参列する際に着るとしたらロングスカートは新婦のドレスと被るので止めましょう。ひざ丈のものを選ぶのが賢明です。色も白はダメです。あとは小物や上着を上手く組み合わせて、ドレスを引き立てましょう。結婚式に参列する場合、肩出しはNGです。必ずボレロやストールなどで肌を露出し過ぎないようにしてください。アクセサリーは殆どの人がパールを身に付ける事が多いです。髪もセットすると思いますが、ヘアアクセサリーなどあまりアクセサリーをごちゃごちゃと付け過ぎないように注意してください。あと靴ですが、あまりヒールの高い靴を履いて靴擦れなどを起こしたら大変です。どんなパーティースタイルにも対応できるよう、ローヒールのものを選ぶようにしましょう。