パーティードレスはカラーで見た目が変わる

ある程度の年齢になれば、結婚式はもちろんのことですが、様々なパーティーや謝恩会などの集まりに呼ばれることが増えてくることがあります。女性なら、招待を受ければ当然新しいパーティードレスを購入しようかと考えます。ましてや何度目かの友人の結婚式ともなれば、呼ばれるメンバーも同じことが多く、毎回同じパーティードレスではちょっと、と感じてしまう人も多いはずです。ただ、毎回新しいドレスとなると財布への負担も大きくなってしまいます。同じドレスを使用しても、ケープやストールのカラーを変えることにより見た目の印象はガラッと変わります。ちょっとした工夫をすれば、新しいパーティードレスを購入しなくても見た目が変わってきます。上着を別のカラーで、半袖から長袖にしたりするだけでも気づかれない事もよくあります。

年齢によって似合うパーティードレスの選び方

パーティードレスは、年齢に応じて選ぶ事が大切です。やはり、年齢によってふさわしいドレスというものがあります。10代の方のパーティードレスは、学生らしい清楚なカラーのドレスが人気です。ネイビー系のカラーは学生服で着なれていることもあり、学生の方でも無理なく着ることができます。20代になると、結婚式に呼ばれる機会がとても増えてきます。何回も同じ仲間同士で参加することも増えるので、高価なドレスを購入するよりも、毎回違った物を着られるレンタルが人気となっています。一着は自分のお気に入りとして購入しておいて、数回のお呼ばれにはレンタルを利用すると、常に違ったドレスで出席できます。30代は、一番ドレスに悩む年齢でもあります。20代の時のドレスではかわいすぎるし、フォーマルという部類ではちょっと大人すぎる感じがあるからです。30代は可愛さの中に大人の雰囲気が出るきちんとしたドレスが人気となっています。

パーティードレスの平均的な金額を比較する

パーティードレスを購入する場合、気になるのが金額です。数着買うとなると、あまり高い予算はかけられないというのが現実です。また、あまり高級なドレスを購入してしまって、式で一人だけ浮いてしまうなんてこともあるかもしれません。値段もそうですが、パーティードレス購入にもマナーがあります。平均的なパーティードレスの金額は10,000円~15,000円くらいが一番多いです。その次に、20,000円くらいです。ただ、毎回このような金額を出して購入するのは、祝儀やヘアセットもしなければいけない女性には痛い出費となります。レンタルであれば、10,000円以内で素敵なドレスをたくさん選ぶ事ができます。購入とレンタルと上手くバランスを取りながら利用すると、いつも違ったドレスで楽しく結婚式に出席することができます。